洋裁工房オハリコめぐっぺ

2022年01月11日 18:43
カテゴリ:イベント

「志津のつながり」ブログ掲載の時、オハリコさんについて後日ゆっくり書くことを宣言してから時間が経ってしまいました🙇‍♀️

文章を書くにも、若さや原動力が必要なんだなと思うこの頃です

オハリコめぐっぺは、私と同い年で、その精力的な活動はいつも私の目標となっている存在の1人

仲良くなれたのは、きっと佐倉の魅力再発見をコンセプトに置いた『アツマル』というイベントにお声がけいただいてからだと思います

それから鈴乃屋の周年イベントへのご協力も度々

めぐっぺ婆ちゃんの紙芝居は多くのお子さん達を魅了して来ました

でもね、私がすごく素敵だと思ったことが
他にたくさんあるんです

昨年の夏、イベント開催準備段階で、開催の判断が難しい中、どう転がろうが一緒に準備をしてくれた事、
それがどれだけ心強かったか

一緒に演奏練習してくれたウクレレ、じゅんじゅんさんと司会もしてくれて、お友達や娘さんに協力してもらってワークショップでも出店

無事にAKA FESは開催出来ました

通常業務をやりながら、こんなに沢山準備をこなせる人、他にいないんじゃないかな

基盤のポピンズにある洋裁工房オハリコでは、AKA FES主役3人のTシャツプリントもしていただきました!

私には出来ないことを、ちゃちゃっとやれてしまう、めぐっぺがいてくれた事がどれほど心強かったか

10月の麻賀多神社での『鎮守の杜のお祭り』のワークショップも大人気でした
当日は焼鳥販売でワークショップ参加が出来なかったので😭後日、私の母と2人でポピンズにワークショップを予約
すごく楽しかった🎵
私は、くさのねフェスに間に合うように、バジル色(購入)、味噌色、梅ぼし色のトピアリーボールを作りました

その時工房で鶏柄の布を見かけて一目惚れしたので、鈴乃屋の大きなタペストリーも作っていただきました
お正月の出店中、タペストリーが可愛いとお声がけもいただき、ほくほくです💕

ご縁で、お隣の個室つまみ細工ちまこさんのワークショップにも参加することに
白文鳥みたいに真っ白で素敵なつまみ細工を作らせていただき、新年の麻賀多神社に飾りました

母は自身なさそうでしたが、私より手際よくクリスマスツリーを完成
とても楽しかったです😍

最近のことを書きながら、色々思い出してしまい、順不同になりますが、
私が1番感動したのが、いつぞやの印西かくれ里さんのイベントステージで、
「ふるさと」を歌い始めた時
人見知りの私の母と肩を組み、一緒に歌ってくれたのです

そんなこと自然とできるとこ、ほんとに尊敬

楽しんだ者勝ちっていう考えの傍らに
私はいつもその場で楽しめていない人に目がいってしまう
みんなが楽しくないと楽しくないと思いつつ、何かできるわけでもなく

そんなシーンでも
めぐっぺは完全自然体でそこにいる人を巻き込んでいける
すごいパワーの持ち主なのです

最近、めぐっぺは実母のそばへのお引っ越しを決めたそうです
その気持ち、とてもわかるなと思いました
同い年なので😊

私も、新年からは実母の病状に合わせて仕事をしていくことを決めました
定期的な仕事以外は、ご迷惑のかからない範囲で決めていこうと思います
日曜日は店舗営業はしないのですが、それ以外は出店予定を控え、状況を見て急遽店舗営業するかもしれません
感染症拡大の影響で、面会できるのが本日まででした
検査室に入る姿に念を送りました

高齢とはいえ、LINEが使いこなせるから良かったです
面会も許されない時代なので、使えるとお互いに少し安心材料になりますよね
鈴乃屋マスターにもLINEを勧めていますが、頑なに拒否されております
どなたか、この頑固ジジイにLINEをすすめていただけるとありがたいです😄

それからオハリコさんの話とはズレますが、
父の生前から母が好きだった歌声の催しに通いまくっていたのですが、ここ数年は仕事の都合でなかなか一緒に行けなくなりました
母が1人でも通っていた、志津市民プラザの歌の集いで人気の水藤先生が、年始の麻賀多神社ご参拝の際にお立ち寄り下さり、歌の集い復活を4月をめどにしていると教えてくださいました
曜日が一定ではなく、予約制を考えているそうです
多い時は100名以上の参加者があった人気の集いでした
歌もピアノ演奏も全てが素晴らしいのに、驕りを見せない水藤先生の人柄が大好きです

感染拡大が収まり、どうか無事に復活して欲しいです

そう言えば、オミクロン感染者も日本には少なく、コロナが落ち着いていた時期に、めぐっぺとめちゃめちゃ久しぶりにカラオケにいきました😄
マスクカラオケ🎤

翌日見た誰に話しているのか全くわからない動画は可笑しくてお腹痛くなりました😂
はい、めぐっぺは一滴も呑みませんが、最高に面白いです
しばらく無理かもしれないですが、落ち着いたらまた一緒にギャハハと笑っていたいです


記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)